【体験談】小型犬の歯磨き粉おすすめ5選!犬の管理栄養士が紹介

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
小型犬 歯磨き粉 おすすめ5選

愛犬の健康を守るためにも、歯磨きは欠かせませんよね?とくに小型犬に適した歯磨き粉の選び方は、飼い主さんにとって重要です。

この記事では小型犬の歯磨き粉選びについて犬の管理栄養士であり、実際に毎日チワワ2匹の歯磨きをしている私が、おすすめ5選を紹介します。

この記事でわかること
  • 犬の管理栄養士おすすめ歯磨き粉5選
  • 小型犬に適した歯磨き粉選びのポイント
  • 歯磨き粉選びでのよくある失敗と注意点

この記事を読むと愛犬に最適な歯磨き粉選びについて知識が深まり、健康的な毎日を過ごせます。

愛犬の口内環境を整え、健康的な生活をサポートするために、ぜひご覧ください。

犬の管理栄養士】
そらるん

愛犬の健康を守るために、犬の管理栄養士になりました!

愛犬の健康にとって重要な「腸活」に力を入れてます。

このブログでは腸活に良いドッグフードやサプリメント、犬の健康に役立つ情報を発信しています。

毎日のケアで愛犬の健康を維持していきましょう!

目次

小型犬の歯磨き粉おすすめ5選

小型犬の歯磨き粉選びは、愛犬の口内環境を守るために重要です。以下では、小型犬の歯磨き粉おすすめ5選を紹介します。

 

スクロールできます
ブレスワン
wandel-kandel
dr.dental-wan
kins-with
DENTAL GEL
オーラルピース
オーラルピース
安全性
アレルギー卵、シソ卵、シソ※1卵黄・ブタ
・トウモロコシ
大豆・乳トウモロコシ
主な有効成分ヒト脂肪幹細胞
培養上清液
ヒト脂肪幹細胞
培養上清液
リベチン含有
卵黄粉末
クリスパタス
乳酸菌
ネオナイシン-e®
フレーバーなしなしビーフ味ヤギミルク味ミント味
容量30g30g30g30g80g
特徴【初回限定】
デンタルシート・

指サック・
歯ブラシつき
【公式サイト】
カンデルつき
舐めさせる
だけでもOK
8種の菌ケア飲める成分
通常価格7,980円7,980円7,678円5,478円1,320円
最安値初回2,980円
2回目4,980円
初回2,980円
2回目4,980円
初回2,178円
2回目4,928円
4,980円
(定期)
1,320円
返金保証あり※2あり※220日間全額返金なしなし
公式
サイト
DENTAL GEL オーラルピース
すべて税込

1 カンデルのアレルギー成分:牛肉・大豆・とうもろこし・カツオ・卵・米粉

2 3回目の受け取り以降永年全額返金(口内の病気にかかった場合)

Breath Wan(ブレスワン)

ブレスワンの公式サイトの価格表

出典:

は愛犬の口臭の対策&歯垢の除去に効果的な歯磨きジェルです。

天然成分を主体とし、愛犬のデリケートな口内環境をやさしくケア。口内の清潔を保ち、においを減少させる効果が期待できます。

以下のステップを踏んで歯磨きがしっかりできるように考えられています。

  1. まずは指サックデンタルシート。
  2. シートに慣れたら指サックにステップアップ。
  3. 最後は歯ブラシ。
そらるん

歯磨き初心者の愛犬におすすめ!

詳しくは「Breath Wan(ブレスワン)の口コミは?歯磨き嫌い卒業!お口スッキリ」 「Breath Wan(ブレスワン)のこだわり成分とは?原材料から徹底解析!」をご覧ください。

\デンタルシート&指サック&歯ブラシ付き!/

ドクターワンデルプラス&カンデルセット

ドクターワンデルプラスとカンデルのセットの公式サイトの価格

出典:

はジェルで口内環境を整え、カンデルを噛むことで歯垢を絡め落とす効果が期待できる歯磨きジェルです。ジェルとカンデルの相乗効果でより効果的でしょう。

は東京大学などの4つの大学と共同開発されました。

口臭を軽減し、歯石の沈着を防ぐための有効成分が豊富に含まれています。

そらるん

歯磨きが苦手なワンちゃんにとくにおすすめ!

詳しくは「【12月最新】ドクターワンデルプラスとドクターデンタルワンの違いを13項目で比較!
ドクターワンデルプラスの体験談をブログで紹介!28日試した結果は?」をご覧ください。

\カンデル付きで愛犬喜ぶ!/

ドクターデンタルワン

デンタルワン 定期初回

出典:

は口臭ケアと歯垢除去に効果的な歯磨きジェルです。ナタ豆などの植物のチカラで臭いを防ぎ、ブラッシング効果で歯垢を除去します。定期的な使用で、歯周病のリスクを減らし、歯と歯茎の健康をサポートするでしょう。

獣医師とドッグトレーナーの共同研究により開発されています。

そらるん

歯周病予防が気になるワンちゃんにおすすめ

詳しくは「ドクターデンタルワン!口臭ケア成分&5つの効果や副作用を徹底解析」をご覧ください。

\期間限定の最安値&歯ブラシ2本つき!/

DENTAL GEL for dogs

デンタルジェル

出典:DENTAL GEL for dogs公式

DENTAL GEL for dogsは口腔内のバランスを整えるための歯磨きジェルです。

7種の菌ケア成分により口腔内の善玉菌を増やし整え、歯垢を取り歯石の沈着を防ぎます。

お口のケアをしながら腸活もサポート。

そらるん

歯石や歯垢のケアや口臭が気になるワンちゃんにおすすめ!

\動物病院が開発した菌ケアを!/

オーラルピース フォー  ペット

オーラルピースフォーペット公式

出典:オーラルピースフォーペット公式

オーラルピース フォー ペットは天然成分の抗菌作用が特徴です。口内の乾燥を防ぎ、潤いを与える成分も配合されているため、継続的な使用で口内の健康をサポート。

天然由来の植物性の食品、オーガニック成分のみでつくられている有害な化学成分を含まず、敏感な小型犬にも安心して使えます。価格もとてもリーズナブル!

そらるん

自然成分にこだわる飼い主さんにおすすめ!

\オーガニック成分で安心!/

小型犬の歯磨き粉を選ぶときのポイント4つ

小型犬 歯磨き粉 おすすめポイント4つ

歯のとても小さい小型犬のデンタルケアは、健康維持においてとても重要です。小型犬の歯磨き粉選びの4つのポイントについて紹介します。

1. 安全性で選ぶ

小型犬の歯磨き粉を選ぶときは、安全性が最優先です。

小型犬は体が小さいため摂取した成分に対する影響を大きく受けやすい傾向にあります。とくに人工香料や着色料など、犬にとって必要のない添加物は避けてください。ワンちゃんはすすぎができないため、できるだけ天然由来の成分が安心できますね。

そらるん

全成分が表示され、安全な成分が使われている歯磨き粉を選びましょう。

2.有効成分で選ぶ

効果的な歯のケアには、有効成分が含まれている歯磨き粉を選びましょう。小型犬の歯は食べかすが溜まりやすく歯周病になりやすいのです。選ぶときは明確な効果が証明された、有効成分を含む歯磨き粉を選ぶのがおすすめです。

効果が証明された有効成分
  • ヒト脂肪幹細胞培養上清液:免疫力の強化・抗炎症作用
  • 卵黄粉末グロビゲンPG(抗ジンジパイン鶏卵抗体)歯垢や歯石に対する汚れの吸着効果
  • リベチン含有卵黄粉末歯垢や歯石に対する汚れの吸着効果
  • クリスパタス乳酸菌(KT-11)口腔内の善玉菌を増加
  • ネオナイシン-e®植物性の天然の優れた抗菌力
そらるん

小型犬には効果が証明された成分が含まれている歯磨き粉を選びましょう。

参照元:幹細胞培養上清液について|日本再生医療臨床学会

参照元:横山恭介「歯周炎患者におけるポルフィロモナス・ジンジバリス・ジンジパインに対する卵黄抗体の効果」, 口腔科学ジャーナル, 第49巻,2007

参照元:クリスパタス菌で米国GRAS認証を取得|食品と開発

参照元:ネオナイアシン®とは|ORALPEACE

3.フレーバーで選ぶ

愛犬が好きなフレーバーを選びましょう。好きなフレーバーを選ぶと、歯磨きが好きになり、歯磨きの習慣化もしやすくなります。

そらるん

実際に我が家のチワワは歯磨きジェルが大好きで、歯磨きの習慣ができました!

にこ 歯磨き上手

小型犬が好むフレーバーの歯磨き粉を選び、定期的な歯磨きの習慣化に役立てましょう。

4.タイプで選ぶ

小型犬 歯磨き粉4つ

小型犬に合った歯磨き粉のタイプを選びましょう。

歯磨き粉のタイプ
  • ジェル
  • ペースト
  • 液体
  • スプレー

ジェルタイプは歯ブラシやガーゼに塗りやすく、小型犬にも使いやすいです。また、ペーストタイプはより徹底したクリーニングに適しています。

実際に、外出時や時間がない場合はスプレータイプも役立ちます。液体タイプは飲み水に薄めるだけなので簡単ですね。

飼い主さんや愛犬にとって使いやすいタイプを選んで、効果的な歯磨きにつなげましょう。

小型犬の歯磨き粉選びでよくある失敗や注意点2つ

小型犬 歯磨き粉 注意点

小型犬の歯磨き粉選びは愛犬の健康維持にとって重要な役割を果たします。しかし、多くの飼い主さんが愛犬の歯磨き粉選びで失敗しやすいのです。以下の2点に注意して愛犬の健康を守りましょう。

そらるん

私がチキン味の歯磨き粉を選んだところ愛犬が気に入りすぎて、なめてしまい歯を磨けないことがありました

1.歯磨き粉の成分表を確認する

小型犬の歯磨き粉を選ぶときは、成分表を必ずチェックしてください。

小型犬は体が小さいため、アレルギー反応を引き起こす可能性が高いです。

とくに人工香料や着色料、フッ素などの添加物は避けてください

アレルギーを持つワンちゃんには、アレルギー成分を含まない天然成分の歯磨き粉がおすすめです。

そらるん

愛犬の健康のためにも、成分表をよくチェックして、安全な歯磨き粉を選びましょう。

2.歯磨き粉は必ず犬用を選ぶ

歯磨き粉は必ず犬用を選んでください。

人用の歯磨き粉に含まれるキシリトールは、犬にとって危険です。環境省によると、キシリトールは犬が摂取すると血糖値の低下や嘔吐、肝不全などを引き起こす可能性があります。

一般的には犬の体重1kgあたり0.1g以上食べると低血糖の症状が出ると言われています。0.5g以上は急性肝不全や嘔吐、ふらつきが見られる可能性があるのです。

そらるん

愛犬の健康を考え、必ず犬用の歯磨き粉を選んでくださいね。

犬の歯磨き粉に関するよくある質問

小型犬 歯磨き粉 よくある質問

犬の歯磨き粉に関するよくある質問を集めました。

犬に人用の歯磨き粉は使える?

使ってはいけません。一般的な人用の歯磨き粉は、虫歯予防のためのフッ素が含まれており、犬が飲み込むとフッ素中毒を起こす可能性があるのです。舐めてしまっても少量なら問題ないですが、毎日使うのは絶対にやめましょう。

参照元:犬のキシリトール中毒|ペット栄養学会誌,16(1):30-32,2013

犬の歯磨き粉を使えば歯石は取れる?

歯石は歯磨き粉では取れません。歯に付いているのが歯垢のみの場合は、毎日の歯磨きで改善します。しかし、歯石は歯磨きでは取れないため、動物病院で全身麻酔下の歯石取りが必要になります。

犬の歯磨き粉を使うメリットは?

犬の歯磨き粉を使うメリットは歯周病の予防です。また、口臭の軽減や歯の健康維持にも役立ちます。適切な歯磨きは体全体の健康状態を保つのに重要な役割を果たします。

まとめ:歯磨き粉を使って愛犬のお口を健康に!

まとめ:小型犬 歯磨き粉 おすすめ5選

小型犬のための歯磨き粉選びのポイントや注意点、おすすめの歯磨き粉5選を紹介しました。

  • 安全性:犬に無害な成分を使用
  • 有効成分:歯垢の除去&口臭予防
  • フレーバー:愛犬が好む味
  • タイプ:使いやすさを考慮

愛犬の口内健康は、全身の健康状態に大きく影響します。理想は毎日の歯磨きですが、最低でも3日に1回は行いましょう。歯磨きは愛犬との大切なスキンシップの時間です。ストレスを与えないように注意しながら続けてください。

そらるん

歯磨き初心者の方は、シートや指サックタイプの「ブレスワン」をおすすめします。愛犬とのスキンシップとしても最適です。慣れてきたら、愛犬の好みに合わせて歯磨き粉を選んでも良いでしょう。

そらるん

歯磨きが苦手なワンちゃんには、「ドクターワンデル&カンデル」をおすすめします。また、コストパフォーマンスを重視する方には「オーラルピース フォーペット」がおすすめです。

今すぐ愛犬に合った歯磨き習慣を見つけ、いつまでも健康で快適な毎日を過ごしましょう!

目次